【ニュースリリース】

2018年5月25日ロサンゼルス開催 国際宇宙開発会議

絵本『ロケット王子』プロジェクト発表!

「夢」はみんなで叶えるという想いを

鎌倉から全世界の子どもたちへ発信

 合同会社ASTRAX STUDIO(神奈川県鎌倉市)は、民間宇宙飛行士の山崎大地氏を主人公のモデルに、宇宙を舞台に「夢」をテーマにした冒険物語絵本「ロケット王子」のプロジェクトを525日ロサンゼルスの国際宇宙開発会議にて全世界に向けてプレゼンします。「ロケット王子」プロジェクトは絵本の物語をスタートにミュージカル、曲、カードゲームと広がりを見せており、物語を媒介に、夢を持つことの大切さ、夢を叶える喜び、夢を叶えるためには周囲の協力が不可欠だとメッセージを子どもたちに発信するプロジェクトです。是非ご注目ください。
※国際宇宙開発会議(ISDC)とは、NASAの宇宙飛行士や宇宙起業家が所属する米国のNSSNational Space Society)」が主催する国際会議です。毎年5月に米国で開催され、3,000人以上が来場します。今年も524日から27日の4日間開催され、最新の宇宙開発のプレゼンや講演が行われます。今年は有人宇宙船を開発中の航空宇宙企業BlueOrigin社のジェフベゾス氏(Amazon.com創設者)の講演も予定されています。

【本物の宇宙飛行士をモデルにした「ロケット王子」物語】
 「ロケット王子」は現在6巻まで出版されている連作絵本です。物語の主人公は民間宇宙飛行士の山崎大地氏をモデルとして、プロローグは、同氏が宇宙を目指すことになったエピソードを描いています。その他に登場するキャラクターも実在の人物をモデルとしており、実話を元にしたリアルなストーリーとファンタジーが入り混ざった物語が特徴的です。
 「ロケット王子」プロジェクトは、絵本をスタートに2015年にはミュージカル「ロ2018525日ロサンゼルス開催 国際宇宙開発会議絵本『ロケット王子』プロジェクト発表!「夢」はみんなで叶えるという想いを鎌倉から全世界の子どもたちへ発信ケット王子の星ものがたり」(脚本・プロデュース:こだまひろこ)が上演され、2016年5月には舞台のサウンドトラックCDも発売されました(作曲:松浦泰子他)。2017年には元劇団四季もメンバーを中心に構成されるミュージカル集団「グランワルツミュージカル」が同作品を銀座で2日間に渡って上演しました。舞台の最後に歌われる歌「あおいちきゅう」(作曲:松崎大祐)は世界平和をテーマにした壮大な曲で、英訳され世界に向けて発信予定です。2017年には「ロケット王子カードゲーム」(株式会社キャンディッドアイランドプロデューサー:岡田恒明)が発売され、様々なジャンルに広がりを見せています。
【国際宇宙開発会議から全世界へ】
 今年の国際宇宙開発会議では「ロケット王子」の原作者の石井真由子、ミュージカルの脚本家・プロデューサーのこだまひろこ、作曲家松崎大佑、カードゲームプロデューサーの岡田恒明で世界展開を目指す「ロケット王子プロジェクト」についてプレゼンを行います。「国際天文学芸術家協会」の展示エリアでは原画展も開催予定です。

 「ロケット王子」プロジェクトは今後、絵本を100言語に翻訳をして、アプリケーションを介して発信をしていく予定です。「宇宙」はもう夢の時代ではなく、日常のインフラとなっていく時代です。「ロケット王子」プロジェクトは世界中の人びとに「宇宙」をより身近に感じてもらえるように「宇宙」と子どもたちを繋ぐ架け橋となります。鎌倉から世界へ、宇宙へチャレンジするこの取り組み、是非ともご注目ください。

ASTRAX STUDIO概要】

ロケット王子の絵本の制作・販売や、その他、身近なものから宇宙に関するものまで幅広い分野にわたって制作するものづくりスタジオです。

WEBサイト:http://astrax-studio.space/

【商品概要】

  • ロケット王子絵本(プロローグ、1巻~5巻)各540円(全12巻完結予定)
  • ロケット王子カードゲーム 4100円(株式会社キャンディッドアイランド)
  • ロケット王子LINEスタンプ 120

WEBサイト:http://rocket-prince.space

≪リリースに関してのお問い合わせ先≫

「ロケット王子」原作者:石井真由子

Mailastrax_studio@iss-japan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です